法要

お墓の撤去

離檀によくあるトラブル4選と効果的な対処法&解決方法4つ

現在のお墓を寺院で管理している場合で、「今あるお墓を撤去したい」「永代供養に変更したい」といった場合、寺院の檀家(だんか)を離れる必要があります。 檀家を離れることを“離檀”といい、その際は“離檀料”が必要になりますが、 どのくらいの離檀料を支払えばいいのか 寺院とトラブルになってしまったらどうしよう と、不安になってしまいますよね。 特に、SNSやテレビなどでも「多額の離檀料を請求された」という話をよく聞きますし、ますます不安になってしまう気持ちもわかります。 離檀でよくあるトラブルや解決法をあらかじめ知っておき、安心してお墓の撤去に取り組めるようにしておきましょう。 離檀料の相場
お役立ち情報

法要とは何か詳しく解説

法事・法要とは、亡くなられた方の冥福を祈って、供養する仏教の儀式です。 住職にお経をあげてもらうことを「法要」、 法要と後の会食を含めた行事を「法事」と呼びます。 簡単に表記すると、「法要」+会食=「法事」といったところです。 ■法要とは 法要の役割は 1、故人を偲ぶため 2、故人の冥福を祈るため 3、自分自身を見つめ直すため の3つがあります。 3はなんだか関係がないようにも見えますが、 故人が設けてくれた人と人とのご縁・つながりを再確認し、 感謝の思いを新たに、自分自身を見つめなおす場でもあるということです。
お役立ち情報

お墓参りとともに覚えておきたい「法事・法要」

法事・法要とは、亡くなられた方の冥福を祈って、供養する仏教の儀式です。 住職にお経をあげてもらうことを「法要」、法要とその後の会食を含めた行事を「法事」と呼びます。わかりやすく表記すると、「法要」+会食=「法事」となります。 法要とは 法要の役割には 1、故人を偲ぶため 2、故人の冥福を祈るため 3、自分自身を見つめ直すため の3つがあります。 3はなんだか関係が無いようにも見えますが、故人が設けてくれた人と人とのご縁やつながりを再確認し、感謝の思いを新たに、自分自身を見つめ直す場でもあるということです。 法要を行う日 仏教では法要を行う日が決まっており、大きく分けて忌日法要と年忌法要があります。 仏教によると、亡くなられてすぐ故人は黄泉路、いわゆるあの世への道を歩き、三途の川へと向かうと言われます。それにかかる期間が七日間とされ、その三途の川へと導くために行うのが「初七日法要」となります。とはいえ、最近では葬儀当日に行われることが多くなっています。 その後、七日ごとに閻魔大王などから七回にわたり、生前の行いに対して裁きを受け、四十九日目で極楽浄土へ旅立てるか否かの判定が下されます。この四十九日目が忌明けになります。(地域によっては五七日が忌明けとなるところもあります。)また、この四十九日の間を「中陰」と言います。
タイトルとURLをコピーしました