手元供養

すべて

手元供養とは?分骨からの流れ/費用/注意点まとめ

さまざまな納骨方法がある中で、最近安い費用で供養できると注目されているのが「手元供養」です。 名前の通り、自宅などの“手元”で遺骨を管理して故人を偲び供養をする方法となっています。 そんな手元供養の流れや供養の仕方、費用、注意点などをまとめていきます。 手元供養とは?特徴を解説 引用元:https://www.instagram.com/p/Brmg0bSlq0y/ 手元供養とは、自宅で遺骨や遺灰を保管・管理する供養方法で、「自宅供養」と呼ばれることもあります。 従来はお墓や納骨堂に遺骨を納めて供養する方法が一般的でしたが、最近では以下のような理由で手元供養を選ぶ方が増えてきています。 安い費用で供養ができる 残された家族と離れたくない気持ちを形にできる 亡くなったあとでも故人のことを身近に感じたい 故人にいつも見守っていてもらいたい
お役立ち情報

手元供養の法律的な問題は?

前回ご紹介した『墓じまいの流れ』の中で、新しい遺骨の行き先をいくつかあげました。 公営墓地(改葬合祀)や散骨、菩提寺(永代供養)、納骨堂、手元供養などがありましたが、今回はその中の手元供養についてご紹介したいと思います。 ◯手元供養とは 取り出した遺骨を自宅で保管する方法で、自宅供養とも呼ばれます。 保管方法には、次の2つの方法があります。 遺骨・遺灰をすべて保管 墓地や寺院へ納骨した上で、一部を自宅で保管 どちらを選ぶかは供養に対する考え方で分かれることになると思います。 また遺骨を分けて保管することは、仏教では昔から「分骨」という形で一般的に行われているため、問題はありません。 ◯法律的な問題
タイトルとURLをコピーしました