墓じまい

すべて

樹木葬とは?種類/メリット・デメリット/流れ/費用まとめ

納骨の方法にはさまざまな種類があります。 その中で近年かなり注目されているのが、「樹木葬(じゅもくそう)。」 従来のようにお墓に納骨するのではなく、霊園の敷地や自然の山や草花の下に遺骨を埋葬する方法で、故人が自然へ還ることができると、樹木葬を選ぶ方が増えてきています。 今回は、そんな樹木葬のメリットやデメリット、流れ、費用、役立つ情報など紹介していきます。
すべて

【関西】20万円以内の費用で永代供養!おすすめ16選【墓じまい】

近年になり、すっかりお墓に対する概念や考え方が変わってきました。 そんな中、通常のお墓を墓じまいし、永代供養に変更する方が増えてきています。 お墓の管理費をできるだけ安く抑えたいからという理由で永代供養に変更しようと検討される方が多い中、実際に永代供養の費用を調べてみると、40万円、50万円・・・高いものでは100万円などもあり、なかなか実行に移すことができない方も多いようです。 しかし、関西には20万円以内でも永代供養ができる寺院や霊園も少なからずあります。 その中でもおすすめしたい16選の永代供養墓を紹介していきますので、ぜひご参考ください。 ※大阪、京都府、兵庫県、奈良県、徳島県の永代供養先をまとめています。
すべて

【名古屋】永代供養ができる寺院・霊園10選【墓じまい】

最近、今あるお墓を墓じまいし、永代供養に変える方が非常に多くなっています。 実際、一般墓に比べると永代供養墓は比較的リーズナブルな価格で利用することができ、寺院や霊園で供養もしてくれるため負担もかかりません。 永代供養の需要が高くなってきた現代、名古屋でも安価で永代供養がお願いできる寺院や霊園がたくさんあります。 その中でもおすすめしたい名古屋の永代供養先10選をピックアップしていきます。 ①瑞光廟無上殿 引用元:https://www.instagram.com/p/B699pWXg4PI/ 一社駅から徒歩8分とアクセス両行の永代納骨堂。 冷暖房完備の屋内型納骨堂で、天候を気にせずお墓参りができます。 参拝室は完全個室で天井高約3.5mと広々しており、周囲に気兼ねなくお参りが可能。 お花のお供えやお掃除はスタッフが管理してくれるため、絶えることなく安心して利用できます。
すべて

【福岡】永代供養ができる寺院・霊園10選【墓じまい】

お墓の管理費が高くて管理しきれなくなってしまった お墓の継承者がいない 年を取って遠方のお墓まで墓参りに行くのが大変になってしまった そんな悩みがあるのなら、墓じまいをして永代供養を検討するのがおすすめです。 現代では、非常にリーズナブルな価格で永代供養をお願いできる寺院や霊園などがあります。 その中でもおすすめしたい福岡県の永代供養先を10選ピックアップしていきます。 ①福岡徳純院 引用元:https://www.e-ohaka.com/detail/id1552523529-335615.html 香椎駅から車で約10分、福岡都市高速「香椎東」出口からも近く、便利な立地に位置する寺院です。 宗旨・宗派は不問で、生前でのお申込みも可能。 1人用~家族用の納骨壇が用意されており、ニーズに合わせて永代供養をお願いすることができます。 1人用の納骨壇であれば、戒名と位牌が含まれたプランで36万円とリーズナブルな価格でお願いできるのも魅力的です。
お役立ち情報

【大阪】永代供養ができる寺院・霊園10選【墓じまい】

近年、さまざまな理由から、墓じまいをして永代供養に切り替える方が増えてきています。 一口に永代供養と言っても、永代供養先には寺院や霊園など種類がたくさん。 大阪にも、たくさんの永代供養先があるので、「どこに供養をお願いすればいいのかわからない」と悩んでいる方も多いかもしれません。 そこで、大阪でおすすめの永代供養ができる寺院・霊園10選をまとめていきます。
墓じまい

夕刊フジ連載4話目「墓じまい後の葬儀方法」

葬式や法要のときだけ必要とされる形骸化した日本の仏教を「葬式仏教」と揶揄(やゆ)することがあります。「葬式仏教」は江戸時代の「檀家(だんか)制度」とリンクしています。檀家制度のもとでは、人々はいずれかの寺院の檀家となり、ぼだい寺に葬儀・法要の一切を任せたことから、日本人の供養はお寺主導となったのです。 ただ、葬儀や法要のときにだけ触れる仏教は本当に必要なのか? そこに供養の本質はあるのか? そんな疑問の高まりとともに、お寺主導だった供養が家庭主導の供養へと転換されていくという潮流がはっきりと見え始めています。 最近よく聞く「家族葬」は、お通夜の翌日に告別式を行うという点は、伝統的な葬儀と変わらないものの、参列者は近親者のみ。会社関係者などには声を掛けません。2017年現在、葬儀の約60%が家族葬という調査結果も出ています(エンディングデータバンクより)。家族葬でも読経へのニーズはまだ高いものがありますが、「墓じまいを行い、離檀したぼだい寺のお坊さんに読経をお願いできない」というような場合は、葬儀社などにお坊さんを手配してもらいます。
墓じまい

夕刊フジ連載3話目「墓じまいのトラブル」

「墓じまい」をめぐって発生しがちな主なトラブルは、「お寺とのトラブル」と「親族とのトラブル」です。 まず、「お寺とのトラブル」。「離檀料に係るトラブル」と「墓石撤去費用に係るトラブル」が、そのほとんどを占めます。 前々回も触れましたが、「墓じまいの相談をしたところ、住職から数百万円の離壇料を請求され、びっくりした」というようなご相談をいただくことがあります。離檀料の請求に法的な効力はありませんが、先祖代々お世話になった感謝の気持ちを込めて1回分の法要程度(3~15万円)をお布施として納めるのがマナーであると思います。その上で、墓じまいに踏み切らざるを得ない理由を誠実に説明すれば、トラブルを回避できる可能性は高いと思います。 また、墓石撤去にあたり、お寺が指定する業者以外を選択できず、相
墓じまい

夕刊フジ連載2話目「墓じまい後の遺骨の移転先・永代供養」

墓じまいは、いわば「お墓のお引っ越し」。具体的には、以下のような手順を踏んで進められますが、まずは遺骨の移転先を確保することが重要になります。 ①遺骨の移転先の確保し、「受入証明書」を発行してもらう。 ②遺骨の移転元(現在のお墓があるお寺など)に事情説明の上、「埋蔵証明書」を発行してもらう。 ③現在のお墓がある市区町村に「改葬許可証」を発行してもらう(改葬許可申請時に「受入証明書」、「埋蔵証明書」を提出)。 ④閉眼供養(魂抜き)・遺骨の取り出し。 ⑤墓石の解体・撤去。 ⑥移転先への納骨。 遺骨の移転先の選択肢と大まかなコストイメージ(遺骨1~2柱あたり)は?
墓じまい

夕刊フジ連載1話目「墓じまいの費用・方法について」

少子高齢化、都市部への人口集中と地方の過疎化が進む中、「墓守の不在」や「お墓が遠く、お参りが困難」などの理由により、約20年前から墓じまいが急増しています。 厚生労働省の調査によると、2015年の墓じまい(改葬)件数は全国で9・5万件と過去最高になりました。お墓を放置すると、大切な先祖が無縁仏になるだけでなく、遺族に管理料や法要料を請求されることもあるため、墓じまいを決断する方が増えているのです。 墓石の撤去費用は、15~80万円程度とバラツキがあります。お墓の広さや立地に左右されるほか、お寺を窓口としてその指定業者に頼むと、相対的に高額となる傾向があります。 墓石の撤去料以外にも必要な費用は、主に以下のようなものです。
タイトルとURLをコピーしました