マナー

お役立ち情報

お墓参りに供える花の種類

お墓参りは古くから続く風習で、故人や先祖を供養するためのものです。現代では日常的にお墓参りをする人は少なくなりましたが、お彼岸の季節にはお墓参りをするという人も多いでしょう。 そんなとき、どのような花をお供えすれば良いか分からないということはありませんか? 実は、花の種類や値段などお墓参りの花にもマナーがあります。ここでは、お墓参りに供える花の種類やマナーについてご説明します! ■避けたい花の種類 花には、数え切れないほど様々な種類がありますよね。どれもキレイで自分の好きな花を選びたくなります。もちろんそれでも良いのですが、お墓参りに避けたい種類もあるのです。
お役立ち情報

お墓参りのマナーや手順とは

お墓参りにもマナーがあることをご存知でしょうか。 お墓参りをする機会は誰にでもあるでしょうが、日常的にお墓参りをしているという人は少なくなっています。その中で、正しいマナーを知っている!と自信を持って言える人は多くないのではないでしょうか。 お墓参りを正しく行って、きちんとご先祖様を供養することはとても大切です。ここでは、お墓参りの正しいマナーや手順についてご紹介していきます。 ■お墓参りのマナーとは 〇お墓参りに行く時期は 基本的にはいつ行っても構いません。人生の節目に、報告を兼ねてお参りをしたり、日常的にお墓参りに行く人もいますが、最近ではあまり地元を離れている人も多く、お参りになかなか行けない人が増えています。 春のお彼岸・お盆・秋のお彼岸・お正月の他に、故人の命日・祥月命日・年忌法要の時期にお参りをするのが一般的となっています。 お盆の場合、初日である13日の午前中~昼間のうちにご先祖様をお迎えに行き、16日の夕方に、ご先祖様をあの世にお送りするため、最低でも2回はお墓参りをします。
お役立ち情報

造花をお墓にお供えしてもいいの?

お墓参りに行ったり、霊園を見学したり、近くを通ったりした際、造花の供花をよく見かけるようになりました。 枯れてしまった供花を見かけると、寂しい気持ちになってしまいますが、造花をお供えするのもマナーとしてよいのかどうか、気になるところです。 ここでは、お墓にお供えする花が造花でもいいのかどうかについて、詳しくご説明していきます。 ■お墓に花をお供えするマナーとは 〇花のお供え方法 お供えの花には、「供養する人の心を鎮める」「枯れていく花から命の尊さを学び感謝する」という意味があり、お墓に向けて供えるのではなく、参拝者側に向けて供えるのが正しいお供え方法です。
お役立ち情報

お墓にお供えするお花のマナー

子どもの頃は、なんとなく親に着いていき、なんとなく見よう見まねでしていたお墓参り。 大人になり、いざお墓参りに行くとなると、何から準備をしていいものなのか意外とわかりません。 そこで、気になるのは「お墓の供えるお花」について。どうような花を選べば良いか、供える花に決まりはあるのかなど、考えれば考えるほど疑問が湧いてきますよね。 今回は『お墓に供えるお花のマナー』についてご紹介します。 マナーや決まり お墓にお供えする花のことを、仏花(ぶっか)といいます。 仏教では、「お香」「お花」「灯燭」「飲食」「浄水」の5つを仏様に供えるとよいとされ、花はとても大切な存在となっています。
お役立ち情報

お墓のお掃除<手順やマナー>

道具が揃ったところで、今回は手順やマナーをご紹介します。 ≪掃除の手順≫ まず、墓石に特殊なコーティングをしている場合があるので、必ず業者に手入れの確認をしてから行いましょう。 ①敷地内の清掃 落ち葉を拾い集め、雑草の除去をします。枯れている花や線香の燃えカスなどもキレイに取り除きます。 見落としがちですが、砂利の汚れも確認し、汚れている場合はザルにあげて水洗いをします。 ②墓石の水洗い 前回もご紹介したように、家庭用の洗剤を使用するとシミや変色の原因となりますので基本的には水洗いで。スポンジに水をふくませて洗います。 ③専用洗剤の使用 墓石の汚れがひどい場合は、墓石専用洗剤で洗います。使用前には必ず目立たないところで試してみる事をオススメします。 ④文字部分の掃除 歯ブラシや布、細かい部分には前回ご紹介した割り箸に布を巻いたもので、慎重に優しくこすりましょう。 ⑤小物類の水洗い 花立てや線香皿などを取り出して、中を掃除します。花立てには柄のついたスポンジを使用すると便利です。 ⑥仕上げの乾拭き 最後に乾いたタオルでふき取ります。水分が残っているとコケが生える原因となりますので、丁寧にふき取りましょう。
タイトルとURLをコピーしました