お墓参り

お役立ち情報

お墓参りに供える花の種類

お墓参りは古くから続く風習で、故人や先祖を供養するためのものです。現代では日常的にお墓参りをする人は少なくなりましたが、お彼岸の季節にはお墓参りをするという人も多いでしょう。 そんなとき、どのような花をお供えすれば良いか分からないということはありませんか? 実は、花の種類や値段などお墓参りの花にもマナーがあります。ここでは、お墓参りに供える花の種類やマナーについてご説明します! ■避けたい花の種類 花には、数え切れないほど様々な種類がありますよね。どれもキレイで自分の好きな花を選びたくなります。もちろんそれでも良いのですが、お墓参りに避けたい種類もあるのです。
お役立ち情報

お墓参りに行く場合の持ち物まとめ

子どもの頃から家族で当たり前のように行っていたお墓参りですが、いざ大人になってからお墓参りに行く場合、何を持っていけばいいか不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。 身内のお墓参りならまだしも、友人知人や、配偶者の親族のお墓参りの場合は、必要な道具などをきちんと準備して万全の態勢で行きたいものです。 ここでは、お墓参りに必要な持ち物、あると便利なもの、お墓参りにタブーなものなどについて詳しくご紹介していきます。 ■お墓参りの持ち物 〇お参りに必要なもの お線香 バラさず束のまま持っていきます。 ろうそく
お役立ち情報

お墓参りのマナーや手順とは

お墓参りにもマナーがあることをご存知でしょうか。 お墓参りをする機会は誰にでもあるでしょうが、日常的にお墓参りをしているという人は少なくなっています。その中で、正しいマナーを知っている!と自信を持って言える人は多くないのではないでしょうか。 お墓参りを正しく行って、きちんとご先祖様を供養することはとても大切です。ここでは、お墓参りの正しいマナーや手順についてご紹介していきます。 ■お墓参りのマナーとは 〇お墓参りに行く時期は 基本的にはいつ行っても構いません。人生の節目に、報告を兼ねてお参りをしたり、日常的にお墓参りに行く人もいますが、最近ではあまり地元を離れている人も多く、お参りになかなか行けない人が増えています。 春のお彼岸・お盆・秋のお彼岸・お正月の他に、故人の命日・祥月命日・年忌法要の時期にお参りをするのが一般的となっています。 お盆の場合、初日である13日の午前中~昼間のうちにご先祖様をお迎えに行き、16日の夕方に、ご先祖様をあの世にお送りするため、最低でも2回はお墓参りをします。
タイトルとURLをコピーしました