お供え物

お彼岸

お彼岸に供えるのは?おはぎとぼたもちの違い?

春と秋のお彼岸は、昔からご先祖様を供養する期間とされています。お墓参りやお寺、親戚や知人の家にお参りに行く時には、お供えをもって訪問します。 しかし、お供え物は何がいいのでしょう?相場や、のしは必要なのかどうか? ここでは、お供え物に関することを詳しくご紹介していきます。お彼岸にお供えされる代表的なものとして、おはぎとぼたもちがあります。このおはいとぼたもちの違いについても見てみましょう。
お役立ち情報

お墓にお供えするお花のマナー

子どもの頃は、なんとなく親に着いていき、なんとなく見よう見まねでしていたお墓参り。 大人になり、いざお墓参りに行くとなると、何から準備をしていいものなのか意外とわかりません。 そこで、気になるのは「お墓の供えるお花」について。どうような花を選べば良いか、供える花に決まりはあるのかなど、考えれば考えるほど疑問が湧いてきますよね。 今回は『お墓に供えるお花のマナー』についてご紹介します。 マナーや決まり お墓にお供えする花のことを、仏花(ぶっか)といいます。 仏教では、「お香」「お花」「灯燭」「飲食」「浄水」の5つを仏様に供えるとよいとされ、花はとても大切な存在となっています。
タイトルとURLをコピーしました