おススメ

すべて

墓じまい業者を比較してみた!結局どの業者がいいの?

さまざまな事情で今ある墓地を「墓じまいしたい」と検討されている方も多いのではないでしょうか? 墓地は建てるのにもそれなりの費用がかかりますが、業者選びによっては墓じまいでも多額な料金がかかってしまう場合があります。 できるけ費用を抑えて墓じまいをしたいという方は、1㎡あたり56,000円から墓じまいが可能な弊社「わたしたちの墓じまい」のご利用をぜひご検討ください。 「わたしたちの墓じまい」とその他の墓じまい業者を比較し、弊社のおすすめポイントをまとめていきます。
お役立ち情報

墓じまい代行業者を選ぶポイント

墓じまいを考え始めたら、費用などはもちろんですが、手続きに関する手間はどれくらいかかるのでしょう。 墓じまいには様々な手続きがあります。忙しくて時間が取れない、難しくて一人でやるのは不安がある人のために、最近では代行業者が増えています。 墓じまい代行業者にも種類があります。全てをお願いしたつもりが手続きは自分でしなくてはならなかった・・なとということにならないよう、慎重に選ぶ必要があります。 ここでは、墓じまい代行業者の種類や選び方について、詳しくご紹介していきます。 ■墓じまい代行業者の種類 現在主に墓じまい代行として目にするのは、 ・弁護士や行政書士による代行 ・石材店などによる墓じまい代行 となります。 それぞれにできることとできないことがあり、どの部分の代行をお願いしたいかを把握した上で代行業者を選びましょう。 ■弁護士や行政書士による墓じまい代行について 墓じまいを行う場合、様々な申請が必要となります。 申請は、墓じまいを行う当事者自身が手続きをするか、もしくは国家資格者による申請の代理、代行のみと行政書士法で定められています。
お役立ち情報

【終活】エンディングノート 記載項目とおすすめノート

エンディングノートとは ご自身の終末期や死後に、家族や大切な友人に 伝えておきたいことをまとめたものをエンディングノートといいます。 単純に伝えておきたいことだけでなく、 残された家族が様々な判断や手続きを進める際に、必要な情報を書き残すという目的もあります。 また、このエンディングノートによって、残された遺族の負担を軽減するとともに、 自分の死後について意思表示をすることで、遺族は供養について悩まず、 親族間のトラブルを避けることにもつながります。 遺言書とエンディング
タイトルとURLをコピーしました