墓じまい

お役立ち情報

おすすめの海洋散骨業者5選

海洋散骨を希望する人の声に応えるように、国内外の海洋散骨を専門とした業者も増えてきています。 ここでは、海洋散骨の専門業者をご紹介します。同じ海洋散骨でも、価格はもちろん、内容や特色もそれぞれですので、是非比較検討の参考になさってください。
お墓の撤去

墓じまいでよくあるトラブルとは?

墓じまいが注目される背景や、それに伴う手続き、起きやすいトラブルとその回避方法について、ご紹介します。
お墓の撤去

なぜいま樹木葬が人気なのか?

“土に還る”イメージから、明るく自由で、特に自然志向の人たちから支持されてきた「樹木葬」。近年の人気の高まりの理由をご紹介します。
お役立ち情報

スムーズに檀家を離れる方法!離檀の手順/費用相場/トラブル対処法

「お墓を永代供養に変えたい」 「代々続いてきたお墓を継承するのが難しくなった」 やむを得ない理由で、寺院の檀家を離れようと検討されている方も多いのでは? 檀家を離れることを“離檀”といい、離檀の際に寺院に渡すお布施のことを離檀料といいますが、最近ではそんな離檀料を巡るトラブルが増えてきています。 特に最近では、金銭的な問題や遠方での管理の難しさなどから先祖代々のお墓を維持することが難しくなり、墓じまいをするとともに離檀を検討される方も増えてきました。 離檀料を巡るトラブルに合わないためにも、どういった対応を取ればいいのでしょうか? 離檀料の料金相場 離檀の手順 離檀のトラブル対処法 スムーズに離檀する方法 などをまとめていきますので、離檀をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。 そもそも檀家とは?檀家制度の始まりを解説
お墓の撤去

墓じまいにかかる費用を分かりやすく説明

近年、「墓じまい」というキーワードが注目されるようになってきました。 背景として、少子高齢化が挙げられます。50年後には20歳~54歳の人口が大幅に減少し、高齢化率が10%程度上昇すると言われています。 (財務省:) その...
墓じまい

夕刊フジ連載4話目「墓じまい後の葬儀方法」

葬式や法要のときだけ必要とされる形骸化した日本の仏教を「葬式仏教」と揶揄(やゆ)することがあります。「葬式仏教」は江戸時代の「檀家(だんか)制度」とリンクしています。檀家制度のもとでは、人々はいずれかの寺院の檀家となり、ぼだい寺に葬儀・法要の一切を任せたことから、日本人の供養はお寺主導となったのです。 ただ、葬儀や法要のときにだけ触れる仏教は本当に必要なのか? そこに供養の本質はあるのか? そんな疑問の高まりとともに、お寺主導だった供養が家庭主導の供養へと転換されていくという潮流がはっきりと見え始めています。 最近よく聞く「家族葬」は、お通夜の翌日に告別式を行うという点は、伝統的な葬儀と変わらないものの、参列者は近親者のみ。会社関係者などには声を掛けません。2017年現在、葬儀の約60%が家族葬という調査結果も出ています(エンディングデータバンクより)。家族葬でも読経へのニーズはまだ高いものがありますが、「墓じまいを行い、離檀したぼだい寺のお坊さんに読経をお願いできない」というような場合は、葬儀社などにお坊さんを手配してもらいます。
墓じまい

夕刊フジ連載3話目「墓じまいのトラブル」

「墓じまい」をめぐって発生しがちな主なトラブルは、「お寺とのトラブル」と「親族とのトラブル」です。 まず、「お寺とのトラブル」。「離檀料に係るトラブル」と「墓石撤去費用に係るトラブル」が、そのほとんどを占めます。 前々回も触れましたが、「墓じまいの相談をしたところ、住職から数百万円の離壇料を請求され、びっくりした」というようなご相談をいただくことがあります。離檀料の請求に法的な効力はありませんが、先祖代々お世話になった感謝の気持ちを込めて1回分の法要程度(3~15万円)をお布施として納めるのがマナーであると思います。その上で、墓じまいに踏み切らざるを得ない理由を誠実に説明すれば、トラブルを回避できる可能性は高いと思います。 また、墓石撤去にあたり、お寺が指定する業者以外を選択できず、相
墓じまい

夕刊フジ連載2話目「墓じまい後の遺骨の移転先・永代供養」

墓じまいは、いわば「お墓のお引っ越し」。具体的には、以下のような手順を踏んで進められますが、まずは遺骨の移転先を確保することが重要になります。 ①遺骨の移転先の確保し、「受入証明書」を発行してもらう。 ②遺骨の移転元(現在のお墓があるお寺など)に事情説明の上、「埋蔵証明書」を発行してもらう。 ③現在のお墓がある市区町村に「改葬許可証」を発行してもらう(改葬許可申請時に「受入証明書」、「埋蔵証明書」を提出)。 ④閉眼供養(魂抜き)・遺骨の取り出し。 ⑤墓石の解体・撤去。 ⑥移転先への納骨。 遺骨の移転先の選択肢と大まかなコストイメージ(遺骨1~2柱あたり)は?
墓じまい

夕刊フジ連載1話目「墓じまいの費用・方法について」

少子高齢化、都市部への人口集中と地方の過疎化が進む中、「墓守の不在」や「お墓が遠く、お参りが困難」などの理由により、約20年前から墓じまいが急増しています。 厚生労働省の調査によると、2015年の墓じまい(改葬)件数は全国で9・5万件と過去最高になりました。お墓を放置すると、大切な先祖が無縁仏になるだけでなく、遺族に管理料や法要料を請求されることもあるため、墓じまいを決断する方が増えているのです。 墓石の撤去費用は、15~80万円程度とバラツキがあります。お墓の広さや立地に左右されるほか、お寺を窓口としてその指定業者に頼むと、相対的に高額となる傾向があります。 墓石の撤去料以外にも必要な費用は、主に以下のようなものです。
タイトルとURLをコピーしました