すべて

すべて

【関東】10万円以内の費用で永代供養!おすすめ20選【墓じまい】

お墓に対する概念や考え方が徐々に変わってきた現代。 「今あるお墓を永代供養にしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか? でも実際に永代供養の費用を調べてみると、料金は40万円、50万円、高いものでは100万円というものばかり・・・。 少しでも費用を抑えたくて墓じまいや永代供養を考えているのに、料金が高ければなかなか実行はできません。 しかし、関東には10万円以内で永代供養ができる寺院や霊園も少なからずあります。 その中でもおすすめの20選を紹介していきますので、ぜひご参考ください。
お墓の撤去

お墓の撤去

お墓の撤去・墓じまい 遺骨を取り出した後にお墓の撤去作業を行います。小さいお墓でも500kg程度の重量がありますので複数名のスタッフとクレーン車、2~4tトラックが必要です。 3㎡以上の大きさですと数日の作業になります。
お役立ち情報

おすすめの海洋散骨業者5選

海洋散骨を希望する人の声に応えるように、国内外の海洋散骨を専門とした業者も増えてきています。 ここでは、海洋散骨の専門業者をご紹介します。同じ海洋散骨でも、価格はもちろん、内容や特色もそれぞれですので、是非比較検討の参考になさってください。
お墓の撤去

墓じまいでよくあるトラブルとは?

墓じまいが注目される背景や、それに伴う手続き、起きやすいトラブルとその回避方法について、ご紹介します。
お墓の撤去

なぜいま樹木葬が人気なのか?

“土に還る”イメージから、明るく自由で、特に自然志向の人たちから支持されてきた「樹木葬」。近年の人気の高まりの理由をご紹介します。
お寺からの離檀サポート

離檀料の相場

離檀をしようとするときに、離檀料を気にする方も多いでしょう。離檀料の金額の目安や、トラブルを避ける方法などをご紹介します。
お役立ち情報

スムーズに檀家を離れる方法!離檀の手順/費用相場/トラブル対処法

「お墓を永代供養に変えたい」 「代々続いてきたお墓を継承するのが難しくなった」 やむを得ない理由で、寺院の檀家を離れようと検討されている方も多いのでは? 檀家を離れることを“離檀”といい、離檀の際に寺院に渡すお布施のことを離檀料といいますが、最近ではそんな離檀料を巡るトラブルが増えてきています。 特に最近では、金銭的な問題や遠方での管理の難しさなどから先祖代々のお墓を維持することが難しくなり、墓じまいをするとともに離檀を検討される方も増えてきました。 離檀料を巡るトラブルに合わないためにも、どういった対応を取ればいいのでしょうか? 離檀料の料金相場 離檀の手順 離檀のトラブル対処法 スムーズに離檀する方法 などをまとめていきますので、離檀をご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。 そもそも檀家とは?檀家制度の始まりを解説
お役立ち情報

お墓の管理料を滞納したらどうなるの?

Q.滞納した管理料を支払う必要ある? 親が数年前に亡くなり、自分が菩提寺の墓守になりました。 親が闘病生活していたこともあり、管理料を7年間ほど滞納したようです。 先日、住職に挨拶に行った際、滞納金の請求をされました。年間2万円なので合計14万円との事。 正直、墓守自体嫌だったので墓じまいしたいと考えているのですが、この滞納金は支払わなくてはいけないのでしょうか?
お墓の撤去

離檀によくあるトラブル4選と効果的な対処法&解決方法4つ

現在のお墓を寺院で管理している場合で、「今あるお墓を撤去したい」「永代供養に変更したい」といった場合、寺院の檀家(だんか)を離れる必要があります。 檀家を離れることを“離檀”といい、その際は“離檀料”が必要になりますが、 どのくらいの離檀料を支払えばいいのか 寺院とトラブルになってしまったらどうしよう と、不安になってしまいますよね。 特に、SNSやテレビなどでも「多額の離檀料を請求された」という話をよく聞きますし、ますます不安になってしまう気持ちもわかります。 離檀でよくあるトラブルや解決法をあらかじめ知っておき、安心してお墓の撤去に取り組めるようにしておきましょう。 離檀料の相場
タイトルとURLをコピーしました