墓じまいにかかる費用について

近年、地元を離れて就職する人も増えたり核家族化の影響などで、墓守りをする後継者がいなくなってきています。

また高齢になり、お墓の管理が大変になってきたというご家庭もあるのではないでしょうか。

そんな場合に、古いお墓を撤去して永代供養墓に入れたり、自然葬などで供養してお墓の管理の負担を子供や孫に残さないという、「墓じまい」をする人が増えています。

お墓を建てる時にはそれなりにお金がかかったと思いますが、お墓を撤去する時にはどれくらいのお金がかかるのでしょうか?

ここでは、墓じまいにかかる費用について詳しくご紹介していきます。

 

 

■墓じまいの手続きにかかる費用

まず、墓じまいをするためには書類の準備が必要です。

役場で発行してもらう改装許可証は無料ですが、許可証を取得するための「埋葬証明書」と「受入証明」には数百円~数千円かかることがあります。

この他に、現在のお墓を管理してもらっているお寺への離檀料として、一般的に10万~20万円お渡しします。お寺によって請求額が違いますし、遺骨1体につきいくらと指定された場合には、総額で100万円近くなることもあります。

また、お墓をただの石にするための「閉眼供養」の法要でのお布施・お車代・お膳料を合わせて、510万円程お渡しするといいでしょう。

これらを行政書士や代行業者にお願いした場合、代行手続きの費用として10万~20万円ほどかかるとされています。

 

 

■お墓を撤去するためにかかる費用

墓じまいでは、石材店に依頼してお墓を撤去解体し、更地にして墓地の管理者に返却します。

 

〇お墓撤去費用

1平方メートルあたり510万円、もしくは、お墓一基あたり2050万円と提示されているのが一般的とされています。

墓地面積の平均は、1.89平方メートルなので、少なくても18万円前後はかかると考えましょう。

この他に、道が狭い・階段や坂道が多い・小型の機械を入れられないなどの場合は、追加料金が発生してしまいます。

狭い通路の場合は、他のお墓を傷つけないように保護しなくてはなりません。また、機械が入らない場合は人力での作業になるので追加料金は高額になります。

お墓の土台に鉄筋が入っている場合も、壊すのに手間がかかるため、追加料金になるでしょう。

追加料金の相場は、基本の料金の10%~20%程度だと考えておきましょう。

 

〇遺骨のメンテナンス費用

長期間埋葬されていた遺骨は、カビなどが生えていたり、状態が悪い場合もあります。

キレイに洗って乾燥させたり、自然葬や手元供養のための粉骨などは専門の業者に依頼する方が安心です。

1体あたり12万円程度が相場となっています。

 

 

■改葬する場合の納骨費用

〇永代供養の場合

初めの数年は納骨堂に安置し、その後合同墓に移してもらう場合は個人用の納骨堂使用で平均10万~50万円、家族用で50万~150万円かかります。

最初から合同墓に納める場合は、10万円ほどです。これは、遺体1体につきかかる費用ですので、お墓にたくさんのご先祖様が納骨されている場合はその数だけ費用がかかると考えておきましょう。

ただし、永代供養墓地によっては、夫婦など複数を同時に納骨する場合に安くしてくれることもあります。

納骨先を決める時にはしっかり確認しておくことをオススメします。

この他に納骨堂管理費が年に50001万円ほどかかります。

 

〇自然葬にする場合

自然葬にはいくつかの種類がありますが、人気なのは樹木葬と海洋散骨です。

樹木葬の場合、20万~60万円程度が相場とされており、「埋葬料」「土地の永代使用料」「運営管理費」がかかります。

石のプレートを設置してもらったり、ペットと一緒に埋葬する場合はさらに追加で費用がかかりますが、合祀タイプの場合は1020万円と低価格なところが多くなっています。

海洋散骨の場合、船をチャーターして散骨可能な場所まで行く必要があるので、個人で散骨する場合は20万~35万円程度かかります。献花・献酒・同行者へのお茶菓子や写真撮影なども含まれたプランなどがあります。

この他に、数組の家族が合同で散骨する場合は1015万円、代行散骨で5万円ほどが一般的です。

 

〇手元供養にする場合

遺骨を手元に置いて供養する「手元供養」は、故人を身近に感じることができる上にいつでも供養することができるため、墓じまいをしても後ろめたく感じずに過ごすことができます。

ミニ骨壺で数千円~20万円、ミニ仏壇で150015万円、遺骨や髪を入れて身につけることができるペンダントなどのアクセサリーで300015万円前後、遺骨をプレートやダイヤモンド、樹脂石などに加工して10万~50万円ほどが相場となっています。

自宅に置いていてもおしゃれな骨壺やミニ仏壇が増えてきていることや、墓じまい後の費用が節約できるため、人気があります。

 

〇改葬する場合

近くの墓地に新しくお墓を建てる、また「改葬」をする、という場合は150万~300万円程度かかるのが相場です。

 

 

■墓じまいを考え始めたら、費用についても考えるべき

墓石の撤去も業者によって価格が違いますし、手続きに代行を頼むかどうかによっても費用が変化します。

手続きはとても細かく大変なので、費用を取るか、手間をとるかは好みですが、納骨先を含めて、やり方次第で大きく費用が変わることがはっきりとわかります。

墓じまいを検討しはじめたら、費用について早めに調べて、資金の準備をしておくといいでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました